脱ステ・脱保湿14ヶ月目 夏は症状激化

  

どうも

黙々と脱ステ・脱保湿を続けています。

癒湯です。

  

今年になってから就労支援に通ったり、5月から職業訓練に参加したりしていて

ブログに手をつけるエネルギーが残らず・・・

今やっと書く気力があるので久々に書きます。

  

脱ステ・脱保湿の経過について

最初からお読みになりたい方はこちらへどうぞ↓

→① 満7週間時点

→② 4ヶ月目時点

→③ 5ヶ月目時点

→④ 8ヶ月目時点(前回)

  

  

前回(2019年4月)は顔などがすべすべになってきて

なかなか調子がいいという内容の記事でしたが

8月から9月にかけては症状がかなり激化(不眠、所々リンパ液が出てグズグズ、とんでもなく激しくしつこい痒み発作)してしまい

去年(脱ステ・脱保湿始めたて)の一番辛かった時期の一歩手前くらいまでいきました( ̄▽ ̄;)

それでも去年よりは若干軽めなので、来年の夏はもう少し楽に過ごせるのではと期待しています。

 

涼しくなってきた10月現在は、少しずつですがマシな状態になってきています。

 

 

スポンサードリンク

夏は脱ステ患者にとってまさに地獄

 

話を戻しますが

夏の間は暑さと湿気と汗のせいか、痒み発作が半端じゃなかったです。

その分やはり掻いたり擦ったりしてしまうので、春秋冬以上に傷だらけで痛々しい見た目でした。

  

そして汗をかくと、もう悶絶レベルで痒いし滲みて痛いんですよね〜

しかも私が今通っている職業訓練というのが清掃業で、かなり体を動かす仕事なため

出勤日は毎回痛みと痒み発作地獄でした(T_T)

 

特に仕事を終えて帰宅した後がヤバい!!

 

家に入った途端気が抜けるのか

仕事中は大人しめだった痒み発作が一気に襲いかかってきます。

それと闘っていると、1〜2時間他の事が出来ないなんてこともザラです(涙)

 

少しでも痒みを抑えるため

帰宅したら速攻持ち歩いていたハンカチを濡らし、全身の汗をくまなく拭き取ってみたり(あまりに傷が多くて辛いのと、疲れでシャワーまでする気力がなかった)

扇風機の強風に当たって、少しでも早く体の火照りを冷まそうとしたり

いくつかの工夫で気持ちマシになる感じはありました。

 

しかしやっぱり、痒いものは痒いんですよね・・・汗

アトピーの場合、皮膚の表面が清潔でも

内側からの強烈でしつこい痒みが容赦無く襲ってきますからね(T-T)

  

我ながら本当によく耐え抜いたなーと思います。

何度も「今日こそは休もうか」と思いましたが

少しでも稼ぎたい一心で、なんと今の所1日たりとも欠勤していません。

よかったら褒めてやってください・・・

   

去年の今頃は完全自宅療養だったので、今年の方がまだ症状が若干軽めとはいえ

仕事で沢山汗をかく分、もしかすると今年の方が辛かったかもしれません(^◇^;)

   

特に耳周りはずっとリンパ液が滲み続けていて、しかも痒くて

でもかいてしまえばますますグジュグジュになるしで辛かったですね。

涼しくなってくるにつれ段々収まり、今は少し皮膚が剥けたり傷がある程度です。

 

 

 

スポンサードリンク

再び睡眠導入剤のお世話に・・・

夏の暑くて寝苦しい時期、それはもう不眠と痒みが大変なので

去年と同じく、かかりつけの皮膚科でベルソムラ(睡眠導入剤)を処方してもらいました。

 

何故か導入剤が効かず

痒みや寝苦しさでほとんど寝た気がしない日も少なくありませんでしたが

どうにか精神力だけで動いていた感じがします 笑

  

効く日はちゃんと効くんですが

デカフェでないコーヒーや、アルコールを飲んだ日だと特に効きにくかったですね。

(それらを飲んでいなくてもイマイチ効かない日もありました)

 

本当はそれらの嗜好品は控えた方がいいんでしょうが

我慢のしすぎも帰ってストレスが増してしまうと考えるため

私はすごく飲みたい時には我慢せず楽しむことにしています。

 


そして涼しくなった10月の今は、導入剤なしでも大分寝つきがいいです。

眠れるって素晴らしい・・・(T-T)

  

 

さてさて、久しぶりの記事なのであまり根を詰めすぎず

今回はこのくらいにしておこうと思います。

 

脱ステ・脱保湿ってやっぱり相当しんどい瞬間が度々来るので

一時的に薬を使って楽になってしまいたくなる時もあります。

でもそうしてしまうと、せっかく薬への依存から抜け出そうと頑張ってきた

これまでの時間が無駄になってしまうので

どうにかこうにかその都度やり過ごしています・・・_(:3 」∠)_

 

 

ではでは、最後までお読みいただきまして有難う御座いました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする