大殺界真っ只中日記 前編

   

どうも

大殺界三年目の癒湯です。

    

大殺界という言葉、一時期流行りましたよね。

そういう運勢とか占いとか、私はほとんどあてにしない人間だったのですが

ここのところちょっと「運気の流れってあるのかもしれないな〜」と感じる経験をしているので、記事にしてみます。

       

ここ数年、ぱっと見ネガティブに思えるような出来事が次々とありまして…

   

・(新卒で)喜び勇んで就職した先で、長時間労働で倒れたり

・せっかく戻れたバイト先でモラハラにあい、心身がやられたり

・そのせいでうつになったのか、しばらく寝込むことになったり

・結局そのバイトは辞めることになったり

・無気力状態が続いて、このブログとか他のやりたい事も思うように進められなかったり

・そのせいで焦りと不安でいっぱいになり、しんどい毎日だったり

・家族の関係もあまりよろしくなかったり

・持病のアトピーが激しくなったり…

       

…などなど、今もなおアンラッキーな運勢がのしかかり続けている感覚です(笑)

基本的に無気力でパッとしない日々が続いている感じですね…

(うつのせいもあるかもしれませんが)

        

「どうにも人生うまくいかんなー」と思って

ふと大殺界という言葉が頭に浮かんだので検索してみました。

確か去年の秋頃でした。

        

するとまさにドンピシャ。

          

調べたその時が、丁度大殺界のど真ん中の年で

しかも月ごとの運勢でも大殺界ど真ん中でした(笑)

※大殺界は3年間(各年、陰影・停止・減退と呼ばれます)あり、真ん中の1年間(停止)が最も運が停滞するそうです。

※月ごとの運勢の大殺界も3ヶ月間あり、同じく真ん中の月が最も停滞期とされています。

      

これはここ数年の上手くいかなさも頷けるわあ… と

もう笑うしかありませんでしたね。

     

それまではそういう運勢とかほとんど信じていなかったのですが

今回のことがあって、こういう占いも全くのデタラメではないのかもしれないと少しは思いました。

   

さて、ここからは大殺界に入ってからの日々を振り返ってみたいと思います。

  

  

まず大殺界一年目

   

その年に入って割とすぐ、働いていたバイト先に

私が辞める原因となったモラハラ上司がやってきました。

(私はバイトの身分だったので、社員で入ってきたその人は上司になります)

  

その人が来るまでは本当に人間関係がのどかで、忙しいけど居心地の良い職場だったんです。

   

最初のうちは大人しかったその人も

慣れてくるとみるみる本性であろう攻撃性を発揮してきました。

で、その矛先が運悪く私に向けられたわけです。

 

その人からのモラハラが始まってから、徐々に体調が悪くなっていき

ストレスで声が出なくなったり、体が動かなくなったりと仕事にも支障が出るようになってきたため、バイトを辞めることに。

その後1〜2ヶ月くらいは何もできずに寝込んでいたと思います。

あんまりはっきりとは覚えておりません( ̄▽ ̄;)

   

少しずつ起き上がれるようになってからは

できる時は趣味の絵を描いてみたり、本を読んだり、ゲームをしたり、ネットでアニメを観たりしていました。

  

在宅でできる仕事を探したり、ブログを頑張ってみようとしたりもしていましたが

頭が思うように働かず、集中力も続かない状態だったので

「やらなきゃ… やらなきゃ…」と焦りつつ、結局動けない日々でした。

   

   

続きの大殺界二年目以降のお話はまた別の記事で書こうと思います。

昨日ブログ復帰したばかりなので、肩慣らしということで今回はこの辺で^^;

  

ではでは、最後までお読み頂きまして有難うございました!

    

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする